インポート素材を使ったエクステリア

うちの愛知県の一軒家の外観は洋風なので、家のデザインにマッチするように、エクステリアの外壁工事には、インポート物のアイアンフェンスを設置しました。
もともと所沢市のリフォーム会社に依頼して輸入したインポート物なので、アイアンフェンスのデザインも非常に凝っていて、見栄えがするので、最初のうちは気に入っていたのですが、数年経過してから、フェンスが台風や暴風の時に、曲がってきました。
一番心配なのは、フェンスが台風や暴風の時に曲がってしまい、隣のアパートに駐車している車に、フェンスが当たってしまうのではないか?といった点です。

もしも、よその車にフェンスで傷をつけてしまった場合には、弁償が大変です。
以前、コンクリートのブロック塀が壊れて、事故が起きた事件がありましたが、塀やフェンスは、台風や暴風でも耐えられる素材や造りにしておかないと、後々大変になると思いました。
でも、曲がってきたアイアンフェンスをまっすぐにするためには、高熱が必要です。
いったん、ブロックに固定しているアイアンフェンスを引っこ抜いて、まっすぐにしてもらって、またブロックに固定するとなると、高額な作業費がかかりそうです。
その場合には、エクステリアの工事業者ではなく、溶接工事を依頼しないといけません。
インポート物で、デザインが凝っているから、その分アイアンフェンスが曲がりやすい構造になっていたのでしょう。

家の内部で使用するには、凝ったアイアンフェンスは良いのでしょうが、外壁に使うには、もっと丈夫なアイアンフェンスを使用しないといけないと思いました。
国産のアイアンフェンスは、デザインの種類が限られていますが、丈夫な造りをしています。
最初から、国産の物を使用していたらよかったと反省しています。
エクステリアといった、家の外部の目立つ工事は、どうしても見た目を重視しがちですが、台風や暴風など、大災害にも耐えられる素材を選んでおかないと、台風が多く通過する九州地方では、災害の時が心配です。
今後インポート素材のエクステリア素材を選ぶ際には、耐久性もしっかりチェックしておこうと思いました。

PR|生命保険の口コミ.COM生命保険の選び方健康マニアによる無病ライフ女性向けエステ.com住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣エステサロンを上手に利用する情報サイト女性のための薄毛治療研究会美容と健康女性ランキング注文住宅のための用語集新築一戸建てを建てる時に読むサイト