ウッドデッキの失敗がある

家を作った時に、完璧と思っていても使っているうちに不便と思うことも多くなります。それは仕方がないことですね。その中の一つに、ウッドデッキで失敗をしたと思うことも多いです。私は千葉県のウッドデッキ工事の実績が豊富な業者にお願いしました。便利なところですが、便利と思う事以外で失敗をしたと思うこともあります。ここでは、そんなウッドデッキの失敗についてお話します。

・ウッドデッキが狭い
ウッドデッキを作ったものの、使うことがほとんどないと思うときは狭いことがあります。狭いと、その利用がわからないのです。その場所をどんな風に使ったらいいのかわからないので、そのままになっているところもありますね。とてももったいないことですが、ウッドデッキの場合はよくある事なのです。作ったものの、使わずにそのスペースがもったいないと思ってしまいます。

・暑い
冬の間は、日差しが入り暖かいと思うことがありますが夏になるとその箇所を使うことができないと思ってしまいます。ウッドデッキを使うのは、夜だけで思うこともありますね。しかし夜になるとそれはそれで虫等に悩まされることもあり、使い方で戸惑うことも多いです。暑い時には、ウッドデッキを利用するのは無理と感じてそのままになることもあります。

・汚れる
ウッドデッキは,とても気持ちよく過ごすことができる場所として人気がある一方で、その手入れが面倒と思うこともあります。外にそのままとなっているので、中よりもかなり汚れることになります。そこを掃除をしたとしても、直ぐに汚れることもありとても大変です。体力のあるうちならいいのですが、体力がなくなって来るとそこを掃除することが辛くなり困ることになります。

・危ない
ウッドデッキを使っていると、案外と危ないと思う事があります。それはまず外にあるので、そのことから腐りやすいことがあります。歩いていて、ブヨブヨする箇所があるとたちまち危ないですね。子供さんがそこから転落してしまうこともあり、そのことでも失敗したと思うこともあります。